スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードローン申込人気ランキング(2013年07月最新版) 

各行ともカードローンが収益の柱となっています。
そのため、各行銀行カードローンの顧客獲得に力を入れています。
言いすぎかもしれませんが、全国の銀行・地方銀行・信金・ネット銀行日本にあるすべての銀行で、カードローンの獲得に無関心な銀行はないと思います。
それだけ、無担保カードローンは安定して高い収益を上げる商品です。
この状況は、借りる側からしたら良い状況です。
カードローンの選択肢が増え、銀行カードローン間の競争も激しくなり、借りる側にはさらにスペックの良いカードローンから借りれるという良い環境になっています。

では今現在、最も人気のあるカードローンは何か?
前回から、かなり時間が経ちましたが、
2013年07月分のカードローン申込人気ランキングです。
現在審査が通りやすいカードローンはランキング紹介文に→借金ブログランキング
スポンサーサイト

カードローン申込人気ランキング(2012年01月最新版) 

総量規制の対象外ということでカードローンの人気は衰えません。
今現在、最も人気のあるカードローンは何か?
2012年01月分のカードローン申込人気ランキングです。
現在審査が通りやすいカードローンはランキング紹介文に→借金ブログランキング

カードローン申込人気ランキング(2011年05月最新版) 

各銀行は、総量規制の対象外であるカードローンに力を入れています。
今現在、最も人気のあるカードローンは何か?
2011年05月分のカードローン申込人気ランキングです。
現在審査が通りやすいカードローンはランキング紹介文に→借金ブログランキング

カードローン申込人気ランキング(2011年01月最新版) 

2011年に突入しても、総量規制対象外の銀行カードローンの人気は衰えていません。
それどころか、ますます銀行カードローンの人気が高まっています。
2011年01月09日時点でのカードローン申込人気ランキングです。
続き・借金ブログランキング

カードローン申込人気ランキング(2010年10月最新版) 

貸金業法改正後、貸金業者が総量規制によって貸付残高を減らす中、銀行のカードローンは人気を集めている。
銀行はカードローンを成長事業として位置づけ、金利の引き下げやテレビ・ネット広告などで顧客の争奪戦を展開している。今後は住宅ローンと同じように、銀行カードローンは利幅を削った低金利競争が激化しそうな様子です。

2010年10月20日時点でのカードローン申込人気ランキングです。
続き・借金ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。