スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほ銀行カードローンの審査・クチコミ・評判 

メガバンクの一つであるみずほ銀行が提供するみずほ銀行カードローンの審査やクチコミ・評判について。
続き・借金ブログランキング
みずほ銀行カードローン
・金利 5.0%~14.0%
・最大限度額 500万円
みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合、金利▲(マイナス)0.5%

みずほ銀行カードローンの金利は、限度額によって異なります。
100万円未満借入れた場合:14.0%
100万円以上200万円未満の場合:12.0%
200万円以上300万円未満の場合:9.0%
300万円以上400万円未満の場合:7.0%
400万円以上500万円未満の場合:6.0%
500万円の場合:5.0%

また、みずほ銀行カードローンの審査は、みずほ銀行の審査と保証会社であるオリエントコーポレーション(オリコ)の審査があります。

みずほ銀行カードローンに申込後の流れは、申込後当日かまたは翌日にオリコから申込確認・在籍確認の電話、その翌日にみずほ銀行から審査結果の電話、審査通過ならみずほ銀行から本申込書が送られてきて、申込書類を返送した後、カードが送付されるといった流れになります。
みずほ銀行カードローン融資実行されるまで約2週間程度のようです。


みずほ銀行カードローンのクチコミ・評判
ネットでみずほ銀行カードローンのクチコミ・評判を色々調べてみましたが、驚いたことにみずほ銀行カードローンの申込の対応、電話の対応がいまいち良くないようです。
同じ銀行カードローンの三菱東京UFJカードローンや三井住友カードローンの対応は丁寧で良いと言うクチコミ・評判が多かったので、同じ銀行カードローンのみずほも同様のクチコミが予想されたのですが。

マニュアル対応丸出しで、棒読みの対応され不快に感じた方が結構おられるようです。
その不快な電話対応ひとつが、みずほ銀行に対するイメージを下げてしまっているようです。


・ネットから申し込みをした。
当日にオリコから会社に個人名で在籍確認あった。
翌日、みずほから審査通過のお知らせの電話が携帯にあった。
書類はその4日後に来た。
結構、仕事が速い。
年収800万円で、枠は300万。

・申込した週のうちにオリコから電話があってその後みずほ。
ただしその後正式申し込み用紙が来るまでちょっと間があった。
基本利用可能まで2週間みといた方がいいみたい。

・ネットから申し込んだら午後オリコから携帯に電話が来て、
翌日みずほから電話来たよ。100で申し込んだのに80。

・オリコ、みずほカードローン事務局、みずほ銀行の3箇所から連絡来てようやく書類かよ。
しかも、なんだあのマニュアル全開な電話対応は!なんだか上から目線だし。腹立ったからキャンセルした。



同じようにメガバンクのカードローンは、
三菱東京UFJ銀行カードローン (5.1%~14.6%)
三井住友銀行カードローン(6.0%~12.0%)
があります。

3社の上限金利(三井住友12.0%・みずほ14.0%・三菱東京UFJ14.6%)やクチコミなどから判断すると、審査の難易度は、
三井住友カードローンが一番審査が難しく、その次にみずほ銀行カードローン、次に三菱東京UFJ銀行カードローンと言った感じになります。


三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は、年4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローンの金利は、年4.0%~14.0%
審査が甘くても、年利2ケタは金利が高いです。
それに比べて、住信SBIネット銀行カードローンは業界最低水準の低金利3.5%~10.0%
▼当ブログ人気断トツ!初めての利用なら最大2か月実質無利息!
>>住信SBIネット銀行 カードローンの公式サイト

【関連記事】
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの審査・クチコミ
>>数字で見るモビットの審査と増枠
>>バンクイックの広告宣伝費増加で申込殺到
>>バンクイックの審査可決情報
>>東京スター銀行の評判と審査基準
>>おまとめローン申込人気ランキング(2009年12月最新版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。