スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利18%の重さ 

消費者金融からお金を借りている人やクレジットカードのキャッシングを利用している人の中で、金利18%で借りている人は大勢います。
金利18%というのは利息制限法の上限金利であり、法律で定められた範囲内で最高金利です。
では、実際に金利18%でお金を借りると、どのくらいの利息がかかるのでしょうか?
続き・借金ブログランキング
金利18%というのは、年間で18%の利息が付くということです。

例えば、50万を金利18%で借りるということは、年間9万円の利息を払うことになります。
月の利息は、9万円÷12ヶ月=7500円になります。

50万を金利18%で借りて1年後返済すると、返済総額は59万円になります。
もし、3年後借りた場合は利息27万円にもなり
元本50万を加えると、返済総額は77万円になります。

実際に借りたお金の1.5倍以上も返さなければいけません。

消費者金融やクレジットカードの返済は基本的にリボ払いが多く、思ったいる以上になかなか元本が減りません。
元本を少しずつ返済させて、できるだけ利息を長く多く取る、
これがカード会社や消費者金融のシステムであり主な収入源になっています。

そのため、月々決められた返済額のみの返済だけでは、利息をがっぽり取られてしまいかなり損をしてしまいます。

損をせず賢く利息を減らすには、まず利息を常に意識して
・月々に決められている返済額以上に返済する(臨時返済・繰上返済)
・今借りている金利より低金利のローンに借り換えする

以上の2つの方法が利息を減らすには効果的です。

50万を金利18%から金利10%へ借り換えした場合、
年間の利息は9万円→5万円と4万円も減らすことができます。
その浮いた4万円を返済に回すことで、元本が減ってより早く借金を返済することができます。

銀行のカードローンが低金利で人気です。
その銀行のカードローンは、この「金利18%」で借りている人に重点を置いています。
いかに多くの「金利18%」の層を取り込んで融資するか、各銀行は頭を悩ましています。

現在、金利18%でお金を借りている人は銀行のカードローンなどへの借り換えを強くオススメします。

初回の融資額は少ないですが、増枠のスピードが早く他社のおまとめ・借り換えに積極的な(金利・7.5%~18.0%)
>>モビットの申込・詳細

【関連記事】
>>上限金利から見るカードローンの審査難易度
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの審査・クチコミ
>>数字で見るモビットの審査と増枠
>>バンクイックの広告宣伝費増加で申込殺到
>>みずほ銀行カードローンの審査・クチコミ・評判
>>東京スター銀行の評判と審査基準
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。