スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規参入銀行のカードローンが急速に拡大 

新規参入銀行のカードローンが急速に拡大している。主要7行の6月末の残高は前年同月末に比べて3割増え、2000億円を突破した。続き・借金ブログランキング
改正貸金業法が昨年6月に完全施行され、消費者金融会社から借りにくくなった個人の需要が高まっているようだ。住宅ローン以外の運用先に悩む銀行側の売り込みも奏功している。
主要7行はソニー銀行住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行じぶん銀行イオン銀行セブン銀行。6月末のカードローン残高は合計2012億円となり、前年同月末比29%と増加した。400億円程度にとどまっていた2009年3月末のほぼ5倍に膨らんでいる。

日銀によると、国内銀行全体の6月末のカードローン残高は3兆2000億円で、前年同月末比1%減少した。業歴が浅い新規参入銀行の残高は1割に満たないが、金利の引き下げやローンの上限拡大といった積極策が顧客を引き寄せている。
背景にあるのは改正貸金業法の完全施行だ。個人は消費者金融から借りられる無担保ローンの総額を年収の3分の1までに制限され、「業界平均で顧客の4割程度が規制に抵触した」(大手カード会社幹部)。

日本貸金業協会によれば、消費者金融会社の6月末の無担保ローン残高は6兆円で、1年前より約2兆円減っている。銀行からの借入には規制がなく、顧客の一部が新規参入銀行に流れたとみられる。

[日本経済新聞 2011年8月25日付 朝刊]

新規参入のネット銀行のカードローンが絶好調です。
そのネット銀行のカードローンの中でも、当ブログでは、住信SBIネット銀行のネットローンじぶん銀行カードローンをお勧めしています。

住信SBIネット銀行のカードローンは、上記の記事にあるように、カードローンの金利幅を年5.5~10%から、3.5~10%に引き下げ貸出限度額も、従来の500万円から700万円に引き上げました。
無担保のカードローンとしては、下限金利3.5%・上限金利10%は破格の低金利です。
上限金利・最高金利が10%と、一般的なクレジットカードのリボ払い金利よりも低い金利であるため、とりあえず申込しておこうとその低金利に惹かれて申込する人が多いようです。また、住信SBIネット銀行のカードローンは、特におまとめローン・他社の借り換えに力を入れています。
住信SBIネット銀行のカードローンの公式サイトにも「他社からの借り換えOK!」と以前にはなかった宣伝文句が表記されています。
住信SBIネット銀行のカードローンの契約者数は3万人を突破しました。
今なら実質2ヶ月無利息キャンペーン中です。

じぶん銀行のカードローンは、店舗を持たず、インターネット取引に特化したネット専業銀行であるじぶん銀行は、今年4月ネット専業銀行では最速となる開業1年9カ月で、100万口座を達成するなどネット銀行では勢いがあります。
他のネット銀行のカードローン、楽天銀行カードローン(4.9~17.8%)などより金利の幅が広く(5.0~17.5%)審査対象が幅広くなっており借りやすい点が支持されている要因です。
・他の銀行カードローンの中では、上限金利が高く(17.5%)融資を受けられる可能性が高いこと
・店舗を構えずコストの掛からないネット銀行ゆえに幅広い顧客層に対応
(学生は10万円、主婦は30万円以内の融資)
じぶん銀行の利用者は若年層(20~30代)が中心でその若年層がターゲット
などがじぶん銀行カードローンの審査の特長です。

住信SBIネット銀行のネットローンじぶん銀行カードローンの勢いは今後も続くと思われます。

【関連記事】
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査基準・在籍確認・クチコミ
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査・評判
>>じぶん銀行カードローンの審査・評判・クチコミ
>>楽天銀行スーパーローンの審査・評判・クチコミ
>>カードローン申込人気ランキング(2011年05月最新版)
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの審査・評判(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。