スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の審査・評判 

2012年6月27日に個人向け口座が100万口座を突破したセブン銀行(2001年新規口座開設の受付開始)。第8回日経金融機関ランキングの顧客満足度評価で3位と評価の高いセブン銀行。特に、女性の満足度が高く先のランキングでもセブン銀行は女性支持率は1位。
そのセブン銀行のカードローンの審査・評判は以下で紹介します。
更新!!現在審査が通りやすいカードローンをランキング紹介文に→借金ブログランキング
セブン銀行ローンサービス(カードローン)の最大の特徴は、初回10万円・最大50万円と融資限度額が少額な点にあります。(契約後6か月後に30万・50万に増枠可能)

去年6月に限度額10万円から限度額30万・50万に増枠可能になり、セブン銀行ローンサービスの利用残高も順調に増加し、セブン銀行は2012年度のローンサービス目標残高を30億としています。

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の金利は、10万・30万・50万のいずれも年15%

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の保証会社は、アコムです。

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の申込条件は、
・セブン銀行口座をお持ちのお客さま(個人)
・ご契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満のお客さま
・一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
となっています。

月々の返済額は、融資額10万の場合は5000円、30万・50万の場合は1万円です。


反対に、セブン銀行ローンサービス(カードローン)のデメリットは、
・借入方法がセブン銀行に限られる。
・セブン銀行の口座開設が必須なので、口座のない方は融資まで時間がかかる(約2~3週間)
です。

あらゆるニーズ・お客様に対応できるように安心の限度額10万がセブン銀行ローンサービスの最大の特徴です。
「あらゆるお客様」・「限度額が10万と少額」という点を考えれば、セブン銀行ローンサービス(カードローン)の審査は他行カードローンよりかなり甘いと推察できます。
また、セブン銀行ローンサービス(カードローン)は総量規制の対象外です。
総量規制の対象となってどこから借りられない人の資金ニーズの受け皿的存在です。

以下、セブン銀行ローンサービス(カードローン)の審査・評判です。

【セブン銀行ローンサービス(カードローン)の審査・評判】

▼未婚26歳、会社員(年収400万)の男です。
学生時代に大手電気屋で作ったクレジットカードで買い物をし、2ヶ月程の遅延をして強制解約されました。
それからすぐに完済して6年程たちます。
1年前くらいに車のローン(保証人付き)や消費者金融カードローン、セブン銀行カードローンの審査に通してみたところ審査に通りました。しかし、クレジットカードの審査はことごとく落ちます。

▼医療・福祉業界で正社員として働く30代前半です。
(いまの会社に入社したのは2年前ほど、年収は250万円ほどです)

6年ほど前、キャッシング返済に行き詰まり債務整理しました。
ご迷惑おかけしたのは三菱UFJローン、新生フィナンシャルです。
(店でいうとアコム、レイク、丸井などです)

そして昨年の1月に完済しました。
信用情報は5~10年くらい残ると聞いていたので、
クレジットはあきらめていたのですが、
先日、セブン銀行のカードローンのキャンペーンのメールが届いたので、
「もしかしたらいけるかも」と、申し込みしたところ、
限度額10万円までで即審査OK。

調べてみるとセブン銀行のカードローンはアコムが保証しているとのこと。
債務整理でアコムには迷惑をかけたのに、限度額10万と少額ならリスクは少ないと考えたのでしょうか?
驚いています。

▼当ブログ人気断トツ!初めての利用なら最大2か月実質無利息!
>>住信SBIネット銀行 カードローンの公式サイト

【関連記事】
>>「オリックス銀行カードローン」の審査の特徴
>>1000人が選んだ顧客満足度No.1のカードローンは? 必見!!
>>意外と知られていない総量規制と銀行カードローンの関係
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査基準・在籍確認・クチコミ
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査・評判
>>楽天銀行スーパーローンの審査・評判・クチコミ
>>みずほ銀行カードローンの審査・クチコミ・評判
>>カードローン申込人気ランキング(2012年01月最新版)
>>数字で見るモビットの審査と増枠
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの体験談
>>カードローン申込条件の比較
>>東京スター銀行の評判と審査基準
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。