スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各カードローンの審査・評判のまとめ 

ブログ記事の更新がしばらく途絶えていましたが、たくさんの方の訪問ありがとうございます。
今回は、いままで徹底的に分析し調べまくったカードローンの一覧・まとめです。
カードローンの申込・審査の参考になれば幸いです。

現在審査が通りやすいカードローンはランキング紹介文に→借金ブログランキング
【カードローンの審査・評判のまとめ】

特に人気のある記事は太字にしています。

三菱東京UFJ銀行カードローン(金利4.6%~14.6%・最高500万円)
>>三菱東京UFJ銀行員が語る「カードローン審査は甘い」
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの審査・評判(2)
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの体験談(1)
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの体験談(2) 審査が甘いと聞いていたが
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの体験談(3) 年収の半分以上の借金ありで
>>三菱東京UFJ銀行カードローンの審査結果と審査時間

三菱東京UFJ銀行員が語る「カードローン審査は甘い」の記事は今もたくさんのアクセス数があります。
この記事の反響は凄く、この記事を見た複数の関係者からお叱りを受けてしまいました。
「三菱東京UFJのブランドに傷が付く」とおっしゃっていました。
雑誌で書かれていたものを紹介したもので、こちらでも色々調べた結果事実でしたので記事にしました。

現在でも、人気のある銀行カードローンです。
しかし、最近はあまり良い噂を聞きません。
オペレーター対応が悪い。
無人機まで来させて審査の結果融資は無理ですと言われた。これはあり得なくはない結果ですし、審査の結果だから仕方ないかと思うのですが、「わざわざ無人機までご足労おかけして申し訳ありませんでした」の一言があれば良かったのですが。
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査も以前よりも甘くはないようです。

三井住友銀行カードローン(金利年4.0%~14.5%・最高800万円)
>>三井住友銀行カードローンの審査結果

最近、多部未華子さんが三井住友カードローンのCMに出演し、CMが新しくなりました。
三井住友銀行カードローンに関する記事がひとつしかありませんでした。
カードローンのスペックも良く、問題は審査の難易度がどうなのかという点です。
審査自体は難しい部類には入りません。
最近、新しいCMを流すなど広告に力を入れているので、今申込する時期として良いかもしれません。

みずほ銀行カードローン(金利年4.0%~14.0%・最高1,000万円)
>>みずほ銀行カードローンの審査・クチコミ・評判
>>みずほ銀行カードローンの増枠審査結果

みずほ銀行カードローンのネット広告やCMなどあまり見たことがないのは、私だけでしょうか?
メガバンクのカードローンの割には、地味なカードローンです。
みずほ銀行の反社会的勢力(暴力団)との取引でカードローンどころではないかもしれません。
みずほ銀行自体のイメージももちろん下がりましたし。
しかも、反社会的勢力(暴力団)と直接取引していたオリエントコーポレーション(オリコ)がみずほ銀行カードローンの保証会社です。

▼モビット(金利年4.0%~18.0%・限度額500万)
>>モビットのクチコミ
>>モビット審査結果
>>数字で見るモビットの審査と増枠
>>モビットの金利下げ交渉の詳細

竹中直人・夏菜のCMでおなじみの三井住友銀行グループのモビット。
竹中直人・夏菜を起用している所を見ると、20代から50代・60代と幅広い層をターゲットにしています。
条件を満たせば、電話連絡・郵便物なしでネットでメールだけで利用できる「WEB完結」という他社にはないサービスを提供しています。
モビットの人気は、審査能力の高さです。金利の幅を見て頂くと分かると思いますが、銀行カードローンより金利の幅があります。モビットの申込者を何とか審査に通したいと言う表れです。しかもリスク管理できる審査ノウハウを持っています。モビットの自営業やフリーター・主婦といった低属性と言われる方もしっかり審査できる審査能力の高さは、ローン業界随一です。
オススメのカードローンです。

>>モビットの公式サイト


住信SBIネット銀行のカードローン(金利年3.5%~10.0%・最高限度額700万・他社からの借換OK
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査基準・在籍確認・クチコミ
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査・評判
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査結果
>>住信SBIネット銀行のカードローン(ネットローン)の審査結果(2)

ネット銀行である住信SBIネット銀行は、使い勝手が良いとネット銀行の中でも高い評判を得て口座数も順調に増えています。その住信SBIネット銀行が提供するカードローン(ネットローン)もクチコミで高い評価を得ています。
何よりも金利が低い!その分、審査が厳しいのでは?と思ってしまいますが、上記の審査・評判・審査結果を見るとそうでもありません。逆に積極的に顧客を増やそうとする姿勢が感じられます。
今、最も勢いのあるネット銀行カードローンは、住信SBIネット銀行カードローンです!

>>住信SBIネット銀行のカードローンの公式サイト

楽天銀行スーパーローン(年金利4.9%~14.5%・最大限度額500万円)
>>楽天銀行スーパーローンの審査・評判・クチコミ
>>楽天銀行スーパーローンの審査の甘さと出金停止
>>楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査結果
>>楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査結果(2)

「限度額200万まで、収入証明書の提出が原則不要」というフレーズは申込を考えている人には魅力的なフレーズです。
もちろん、「楽天」のお得意の来るもの拒まず的な審査基準も健在です。ただし、楽天カードほど審査は甘くありません。おまとめ・借り換えにも利用可能です。オペレーター対応に多少「?」がつきますが、楽天ということで。

>>楽天銀行カードローン(スーパーローン)の公式サイト

オリックス銀行カードローン(年金利3.0%~17.8%・最大限度額800万円)
>>「オリックス銀行カードローン」の審査の特徴
イチローのCMでおなじみのオリックス銀行。ここのカードローンもスペックも良く、他社借換可能です。
キャッチフレーズは「可能性を楽しもう」。少し敷居が高く、年収が高い層をターゲットにしている感があります。

▼セブン銀行ローンサービス(カードローン)(年金利15%・限度額10万・30万・50万)
>>セブン銀行ローンサービス(カードローン)の審査・評判
他のカードローンと違って、カードローン限度額が10万・30万・50万で一律金利15%という変わったセブン銀行ローンサービス。クレジットカードのキャッシング枠みたいです。

▼イオン銀行カードローン(年金利3.8%~13.8%・最大限度額800万円)
>>イオン銀行カードローンの審査・評判・クチコミ
保証会社であるイオンクレジットの審査能力に疑問符が付きます。イオン銀行の接客能力も著しく劣っています。
これからをどうなるか期待したいです。イオンをよく使う方は一考の価値はあります。

▼東京スター銀行・おまとめローン「スターワンバンクローン」(年金利5.8%~14.8%・最大限度額1,000万円)
>>東京スター銀行の評判と審査基準
よくYouTubeの広告で東京スター銀行・おまとめローンを見かけます。
正社員・契約社員の方のみ申込可能です。この条件だけでも審査は甘くないと分かると思います。
いまだに根強い人気があるようですが、おまとめ審査に通っても年金利2ケタでなかなか1ケタ台のおまとめができないようです。

▼じぶん銀行カードローン(年金利4.6%~17.5%・最大限度額500万円)
>>じぶん銀行カードローンの審査・評判・クチコミ
じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で出資したネット銀行です。
いまだに知名度は低いのではないでしょうか。
携帯キャリアがauの人は検討されても良いかもしれません。
その他の人には魅力のないカードローンです。

▼関西アーバン銀行(年金利5.8%~13.5%・限度額300万円以内)
>>関西アーバン銀行の審査・評判・クチコミ
関西アーバン銀行フリーローンは、カードローンではなく貸出形式が証書貸付です。
保証会社が、オリックスからセゾンに変わっています。関西在住の方向け。

▼ご融資どっとこむ株式会社の評判・クチコミ
>>ご融資どっとこむ株式会社の評判・クチコミ
平成24年10月22日にご融資どっとこむ株式会社は45日間の業務停止処分を受けました。
行政処分の対象となったのは、誇大広告の禁止。
•指定信用情報機関との信用情報締結契約が終了したにもかかわらず、ホームページに「当社が加盟する信用情報機関 株式会社日本信用情報機構」といった著しく事実に相違する表示を行っていました。
•「他社借入が3件以上の方のための女性専用ローン」など、借入れが容易であることを過度に強調し、資金需要者の借入意欲をそそるような表示をホームページで行っていました。
2013年11月12日現在、ご融資どっとこむ株式会社は存続しています。
台東区の御徒町グリーンプラザ2階202号室、204号室で。

▼マンモスローンの評判・クチコミ
>>マンモスローンの評判・クチコミ
上記ご融資どっとこむ株式会社が商品名を変えて提供しているおまとめローンです。


【関連記事】
>>審査が厳しいカードローン
>>カードローン申込人気ランキング(2013年07月最新版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。