スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年無担保ローン貸付融資残高ランキング 

■無担保ローン会社貸付残高ランキング 2007年

順位 会社名 融資残高
1 アコム 1,494,399
2 武富士 1,431,848
3 アイフル 1,298,611
4 プロミス 1,193,876
5 CFJ 1,000,000
6 GEコンシューマー・ファイナンス 700,000
7 三洋信販 390,420
8 オリックスクレジット 350,000
9 モビット 237,824
10 シンキ 176,427
11 三和ファイナンス 150,000
12 アットローン 136,970
13 アエル 130,000
14 セゾンファンデックス 119,000
15 クオークローン 117,962
16 クレディア 101,877
17 楽天クレジット 91,100
18 エイワ 84,716
19 DCキャッシュワン 82,698
20 ワイド 80,953
21 GMOネットカード 80,321
22 丸和商事 59,135
23 ゼロファースト 59,120
24 しんわ 58,674
25 トライト 54,947
26 キャスコ 45,532
27 ステーションファイナンス 38,212
28 日本プラム 30,409
29 ワールド 26,856
30 新洋信販 26,501


2007年3月、単体。融資残高は100万円、単位未満は四捨五入。アコム、武富士、アイフル、プロミス、GEコンシューマー・ファイナンスの融資残高にはクレジットカード・信販残高含まず。原則、融資残高には他社個人ローンの保証残高含まず。ただし、ステーションファイナンスの融資残高には割賦など他事業残高含む。セゾンファンデックスの融資残高には住宅ローン含まず。融資残高にはABS、流動化といったオフバランス債権含む。

2006年1月の最高裁判決の影響による利息返還請求の急増、2006年12月に公布された貸金業関連法の改正など、貸金業界環境の急変により、全体の約2/3の消費者金融会社が貸付残高を減少させた。

その一方で貸付残高を増加させたのは、オリックスクレジット、モビット、アットローン、楽天クレジット、DCキャッシュワンなど、利息制限法以下の金利で営業していた各社である。

市場規模に大きな影響を与える消費者金融大手は、法改正の方向性が決まった2006年秋から与信審査基準の強化を始めていたが、2007年4月からは更に与信審査基準の厳格化を行っている。

現在、消費者金融各社による営業金利の引き下げが加速しているので、貸付残高の縮小が顕著となるのは今期からである。

全体からすれば、ごく一部の問題である多重債務者の影響により、必要な時に必要なだけ借りたい賢明なユーザーまで不便になる一面もあるわけだ。しかし、低金利化が進むのは歓迎である。

「日本金融新聞」より抜粋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。