スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モビットの審査・特長 

モビット

【実質年利】 9.80%~18.00%
【限度額 】 300万
【返済額】 50万円以下→10,000円
       50万円超過、100万円以下 →20,000円
       100万円超過、200万円以下→30,000円
       200万円超過、300万円以下→40,000円



モビットは「銀行系」とよく呼ばれているが、「銀行」本体のローンではない。
銀行と消費者金融の合同出資で、銀行と消費者金融の間にある存在である。

「銀行系」とよばれるもので他にアットローン・DCキャッシュワンが存在するが、
モビットは、同じ銀行系のアットローン・DCキャッシュワンを融資残高で大きく引き離し
銀行系ではダントツのトップ。2007年、大手消費者金融が大きく残高を減らす中、モビットは融資残高をを増やした。

理由は、おまとめローンに積極的な点とモビット独特の審査・与信システムにある。

審査通過率は高いが、初回融資枠は50万以下の場合もある。
途上与信を頻繁に行い、増枠のスピードは業界随一。今すぐ他社借入の一本化・おまとめには向かないが、おまとめ成功例が最も多いのはモビットである。

低金利ローンにいち早く参入し、低金利では審査外とされていた、アルバイト・パート(主婦)・自営の顧客層も融資対象としたため、他社よりアルバイト・パート・自営の審査対応力は優れている。

モビットの与信管理は、他にはない特徴的なものである。

例えば、借り換え目的で30万可決しそのまま他社に30万返済すると、2~3ヵ月後に、枠が30万増枠される。そして、その30万を他社に返済すると、また2~3ヵ月後に30万増枠される、といったケースが一般的である。

初回融資額を小額に抑えて、途上与信(信用情報機関をチェック)をこまめに行うことで、他社借入件数が多くリスクの高い顧客層に対するおまとめ・一本化を可能にしている。

しかし、途上与信を頻繁に行っているため、新たに他社から借入すると確実に貸出停止、減額になる。

また余裕のある月など、こまめに臨時返済(1万程度でOK)を行うと良い。
モビットは頻繁に与信をチェックしているため、通常の返済に加えてこまめに臨時返済をすることで
支払能力があると判断され、増枠や利用中のカードローンのおまとめを勧めてくれる場合も多い。


▽モビットのクチコミ

借金おまとめ希望で「30万」の融資枠OK。
3ヶ月後普通に返済して「50万」まで増額になった。
その半年後「100万」。現在申込から2年で「200万」までに

>>その他のモビットのクチコミ

>>モビット公式サイトはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。