スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリックスVIPローンカードの審査・特長 

オリックスVIPローンカード

【実質年率】 5.9%~15.0%
【限度額】 最高500万円
【審査時間】 通常1~2営業日
【月々返済額】      ~50万円→1万円 
         50万円超~100万円→2万円
        100万円超~150万円→3万円
        150万円超~250万円→4万円
        250万円超~300万円→5万円
【その他】 ・オリックスグループのレンタカー、ホテル、ゴルフ場などを優待価格で提供
       ・キャンペーン情報等をいち早く届けるメンバーシップメールサービス
       ・24時間365日対応のカードサービスセンター


篠原涼子をCMに起用して知名度の高いオリックスVIPローンカード。
オリックスVIPローンカードを発行しているオリックス・クレジット株式会社はオリックス株式会社100%出資である。社名にクレジットと付いているのでクレジットカード会社と勘違いされやすいがクレジットカード会社ではない。オリックス・クレジット設立当初は、信販業務を行っていたが、ローンカード業務に主力を置き、現在信販業務は行っておらず、会社の位置付けとしては消費者金融業界に属する。

オリックスVIPローンカードの歴史は古く、1987年に「ビジネスマンを対象にしたほかにはないカードローンをつくろう」、「やっぱり金利は低い方がいい」、「出来たら融資枠も大きい方が何かの時に安心だ」という考えの下、商品を開発。
商品開発当初から現在に至るまで、業界トップクラスの低金利を維持する「低金利カードローンの先駆者」である。

消費者金融全盛で各社が次々と全国に店舗展開する中、オリックス・クレジットは店舗を構えず、インターネットを中心としたローンカード融資を行っていた。いまや店舗を構えずインターネットを主な販売チャネルにするのは当たり前になっているが、オリックス・クレジットは約20年前から試行錯誤しながら、業界トップクラスの低金利を維持し続けている。

約20年の低金利の審査データと審査ノウハウは他社をよせつけない。
どの程度のリスクを抱えるものまで融資可能か他社より明確に判断できるノウハウを持っている。
また、日本をはじめ世界20カ国以上でリース業・金融業を運営する巨大なグループ企業・オリックスグループの資金量やスケールメリットを活かした融資ができる。
ネットで審査通過率が高いとのクチコミが多いのは、そのためである。

申込者のリスクぎりぎりまで融資を可能にするもうひとつの要因は、徹底した途上与信と回収力である。ネット上のクチコミでは、オリックスクレジットは融資実行後に信用状況が悪化(借金の増加)があると、利用停止や一括請求、公正証書の作成を要求してくるそうです。

公正証書とは確定判決と同等の効力を持つため、うっかり滞納した場合、いきなり強制執行や給与差押えになる可能性があります。
滞納時に他社クレ・サラ業者よりも優先的に弁済をさせるためです。

他のサイトでは、オリックス・クレジットのこのような側面を紹介していませんが、このような徹底した債権回収力があるため、低金利でも審査通過率が高く初回の融資枠も他社より大きいのです。
本気で借金をおまとめしようとする人には、まさにうってつけのカードローンです。

オリックスVIPローンカードの公式サイトを見ていただければ分かると思いますが、他のローンカードのサイトとは違い、Flash技術を使って非常に見やすく分かりやすい。

名前にVIPと付くだけあって、公式サイトもVIP感が漂っており、審査が難しそうと敬遠される方も居られると思います。
しかし、オリックスVIPローンは、アルバイト・パート・自営の方も審査が可能です。
(ただし、200万円以上のコースは税込年収400万以上が対象)
たとえ最小融資枠50万でも金利は15.0%と他のカードローンに比べて低金利。

「審査に通るとは思わなかった」
「もっと早く申し込みしとけばよかった」
という声が多いのは事実です。


▽オリックスVIPローンのクチコミ

借り換え目的なら、多重でも100~200は出る。まあ300は無理だが。
低金利だし、ダメもとで申込したら通った。ホームページはかなりVIP感漂って敬遠しがちだけど、一度申し込みするべき。

>>その他のオリックスVIPローンのクチコミ
>>オリックスVIPローンカードの公式サイトはこちら

「他社ではターゲットにしていない層も幅広い審査で対応」【新商品・総量規制外】
>>オリックス銀行カードローンの審査の特徴(カードローン診断!【イー・ローン】)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。