スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新着】イーバンク銀行のカードローン「マイワン」の審査 評判・クチコミ 

日本最大のインターネット銀行のイーバンク銀行。
口座数は310万口座を突破。
そのイーバンク銀行が、楽天グループの一員となり、新しいカードローンが新登場しました。

続き>>借金blogranking
そのカードローンは「マイワン」
イーバンク銀行は、楽天クレジットが運営するカードローン事業の一部を承継し、個人向けカードローン「マイワン」のサービスを4月1日に開始したばかり。

マイワンは最大利用限度額 500万円、借入利率はこれまで楽天クレジットが提供していた「年利6.9%から17.8%」を引き下げ、「年利4.9%から17.8%」の低金利。2008年12月末時点の会員数は約11万人、債権残高は1,012億円に上ります。

イーバンク銀行は、かねてから銀行業務以外の事業基盤の多角化と拡充を目指し、この個人向けローン「マイワン」に対してかなり力を入れています

どれだけイーバンク銀行が、「マイワン」に力を入れているかというと、

カードローン「マイワン」申込をするだけで楽天ポイント1500ポイント(=1500円)をプレゼント
・【期間限定】今なら2%オフキャンペーン実施中で金利 年2.9~15.8%!!(2009年7月31日まで)

というキャンペーンを実施中です。

期間限定とはいえ、驚異の低金利2.9%~は、業界でも前代未聞です。
また、申込するだけで、1500円キャッシュバックするという事は、同業他社の三井住友カードローン・モビット・オリックスVIPローン・東京スター銀行・アットローンなどでは行っていません。

かなりインパクトのあるイーバンク銀行のキャンペーン。
それには、理由があります。
「マイワン」は、楽天クレジットから引き継いだカードローンでありますが、カードローン業界ではかなり新しい商品で、オリックスやモビットに比べて会員数・融資残高で大きく出遅れています。
そのため、イーバンク銀行の新しい収益源となるカードローンの会員数・融資残高アップの為、広告費を莫大に使ったキャンペーンを行っているのです。

カードローンの申込しようとする人や他社ローンのおまとめローンを考えている人は、三井住友カードローンや東京スター銀行・モビットに申込希望者が流れてしまいます。
4月にサービスを開始したばかりのイーバンク銀行のカードローンは、まず他社に流れてしまう申込希望者をイーバンクのカードローンへ申込してもらおうと必死なのです

だから、申込するだけで1500円(楽天ポイント1500)のプレゼントや2%オフキャンペーンを行っているのです。

新たな収益源とイーバンク銀行が考えていても、申込されなければ融資のための審査すらできません。イーバンク銀行の310万口座やネットでの大規模なネット広告をすることで、申込した人が楽天ポイント1500もらえることで、楽天市場の利用機会も増え相乗効果も期待できます。

カードローンで収益をあげるためには、融資を実行しなければ話になりません。
この時期は、カードローンの申込した人への審査は、いかに審査を否決にするかを考えるより、
申込した人を可能な限り審査に通すかを考えます。
収益を考えれば、イーバンク銀行は多くの人に融資をしたくてたまらない状況です。

申込するだけで1500円貰えるというキャンペーン効果で、イーバンク銀行のカードローンの申込はかなり増加しています。ポイント目的の人もかなりいるようです。

イーバンク銀行のカードローン審査は、イーバンク銀行が行い、保証会社は楽天クレジット株式会社です。

楽天といえば、低属性やブラックにもカードを発行した実績があるように柔軟な審査で有名です。

このキャンペーン中は、かなりチャンスです。
キャンペーン中は、申込件数・融資残高のノルマがあるのは確実です。
ノルマ達成のため、審査基準を下げることはこの業界ではよくあることです。
このキャンペーンが終わると、必ず審査は厳しくなります。

年収の条件は、税込年収300万円以上が目安です。
在籍確認は、申込から1~2日程度で電話が来るようです。
1500ポイント目当てで、審査はダメでもともとという考え方でOKだと思います。
銀行本体の低金利カードローンが借入できるチャンスです。

>>イーバンク銀行のカードローンの公式サイトはこちら

借金ランキングに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。